毛のう炎ができた

毛のう炎ができてしまうのは、ムダ毛処理を行った後に毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうからです。処理を行う前には素肌を清潔に保ってバイ菌が入らないようにすることは必須ですが、処理後に気をつけていても毛穴から入り込んでしまうことがあります。これは、毛穴が長く開いた状態が続くことが大きな要因となりますので、できるだけ早く閉じるようにケアを行う必要があります。
毛のう炎ができやすいのは除毛後よりも脱毛後です。脱毛後は毛穴がぽっかりと空いた状態になっていて、水分の蒸発はすすみ、汚れなどが入り込みやすい状態になっています。無防備な状態を長く続けることは危険ですので、早急に閉じるために収れん化粧水を使用します。ムダ毛の処理後だけでなく、きちんと閉じるまで毎日お風呂上がりに使用することが大切です。通常は何もしなくてもムダ毛がない状態なら毛穴は閉じていくのですが、夏場は汗をかきやすいので皮脂が分泌されやすく、汗などと混じって毛穴に入ってしまいます。また、湿度などの外的環境によって雑菌も繁殖しやすいので、肌にとっては厳しい季節です。処理を行う場合にはこれらのことにまで注意して、アフターケアは万全にしなければなりません。

Comments are closed.