生理中や体調不良

生理痛は個人差がありますが、腹痛やだるさなどの体調不良を訴える人は少なくありません。
月経前症候群(PMS)という総称もあるように、体への影響は様々ですが、
月経に伴う体調不良の原因は1つには特定できません。
食生活などの生活習慣が影響したり、ホルモンバランスの崩れ等、いろいろな要因が関係していますが、
生理中のそういった症状の改善には、日頃の意識が一番です。
いざ生理になると、体はいろいろなものを溜め込もうと働きますので、
そうなる前に「日頃から」が大切なのです。
まずは、規則正しい生活習慣と食生活を意識し、ストレスの軽減に気を配り、
出来る限りホルモンバランスを崩さないようにすることが、改善の一歩です。
個人の意識の範囲だと、やはり認識の差がありますので、
専門家の情報を基に意識する事をお勧めします。
痛みに対して薬を頼るということはいけないことではありませんが、
それは対処療法であり、根本的な問題や原因の解決にはなっていません。
ですので、食生活(栄養面)では、植物性のタンパク質や大豆イソフラボンを摂るよう意識したり、
生活面では、ストレスをためない考え方、発散する方法を身につけていくこと、
そう意識することが大切だと思います。

Comments are closed.